Voiceお客様の声

Contact

構想:Concept / ギモンを楽しみつつ、遊び心 を忘れない。

提案:Proposal / 家づくりに、もっと?を。

  • 施工事例:Works
  • お客様の声:Voice
  • 新着情報:News

建築の流れ:Flow

Wats建築デザイン:愛知県豊田市大林町16-3-1 0565-27-5753 About us 私たちのこと

Team Wats

チームメンバー:Craftsman

一級建築士 石原亮仁のWatsな毎日:BLOG

  >  Voice  >  額田郡幸田町 Y様邸 【住宅設計】土間と薪ストーブのある家(teamWatsでつくった家)

お客様の声:Voice

額田郡幸田町 Y様邸

家づくりを考え始めたきっかけ

 

結婚して、子供が出来たことがきっかけで家を建てたいと思うようになりました。

元々主人は土地を持っていて、その土地に私たちの家を建てることになり、

思い立ってからはすぐに行動に移しました。

私はエクステリアの設計の仕事をやっているので、イメージを何とか図面にすることは出来ます。

それをちゃんと建築図面として仕上げたり、実際に施工したり、

アドバイスをくれる存在だったのがteam Watsの皆さんです。

 

Wats建築デザインに家づくりを頼んだきっかけ

 

Wats建築デザインのスタッフのSさんとは同じ大学の建築学科に通っていて、

入学当初から一緒に勉強する仲間でした。

卒業後、私はエクステリアの設計、Sさんは家や建物の設計の仕事をするようになり、

付き合いはずっと続いていました。

私のことを十分理解してくれている大切な友人の一人なので、

家を建てるにあたってSさんのいるWats建築デザインさんに家づくりをお願いすることになりました。

 

 

 

 

打ち合わせの雰囲気

 

私たちはお客さんというより仕事仲間や友達という感覚だったので、

そこまでかしこまった打ち合わせはしませんでした。

いつも打ち合わせの日は我が家に石原さんとスタッフのSさんを呼んで、

夜ごはんを食べながら家の話をしていき、1年ほどかけて打ち合わせをしました。

 

 

 


「好き!」をかたちに。家づくりに対するこだわり

 

①ペットと一緒にくつろげるリビングがほしい!

 

私たちは犬が大好き!3匹飼っているのですがどの子も本当に大切な家族です。

そのペット達と同じ空間でくつろいで、ご飯を食べて、触れあいたい・・・。

そんな想いから、私たちの家は土間とリビングが一つの空間として繋がるような設計になっています。

大型犬は土間に繋ぎ、小型犬はリビングの一角にゲージを置くことで、

リビングに居る時にお互いの空気を感じながら過ごすことができます。

外で飼うことや私たちが居る場所とは別の空間で飼うことは考えられませんでした。

ペットが居るとどうしても家の中の臭いが気になってしまいがちですが、

珪藻土を壁に塗ることで臭いも全くなく、快適に過ごせています。

また、珪藻土は私たちでも簡単に塗ることができるので、

ペットが爪で壁を引っかいて傷ができても簡単に修復することができるという利点があります。

床は無垢材を使っているのですが、それもペットが爪で傷付けてしまうだろうと想定してあえて無垢材を選びました。

無垢材は傷がついてもヤスリなどでこすればすぐに目立たなくさせることができるので

ペットを室内で飼っているお宅にはぴったりだと思います。

 

 

 

②薪ストーブを置きたい!

 

アウトドアが好きで、キャンプに行ったりすることも好き!

薪ストーブを置いた理由は、「家の中でアウトドア気分を味わいたい!」というシンプルな理由です。

見た目もかっこいいし、冬はストーブの上で料理もできるし、

私たちの家の雰囲気にぴったり合っていて気に入っています。

実は家づくりを計画している中で予算がどうしても厳しくて、

家の中の設備を削ったり妥協しなければいけなくなったのですが、

主人が「どうしても薪ストーブが欲しい!他の設備を妥協してもいいから、薪ストーブだけは削れない!」

と強く主張して(笑)薪ストーブを置くことになりました。

実際に置いてみると雰囲気も出るし扱いも簡単でなかなか良いですよ。

 


③自慢のハーレーを入れるガレージが欲しい!

 

バイクに乗ることが好きで、特にハーレーが好き!

私たち夫婦はハーレーのイベントで出会って仲良くなりました。

ハーレーを持っていた主人と、持っていなかったけど乗ってみたいと

思っていた私はそのイベントで意気投合。(笑)

今では夫婦で4台所有しており、ハーレーのかっこよさの虜です。

その大切なハーレーを置いておくためにガレージが絶対必要でした。

主人は引き渡しの日に家よりも先にまずガレージに入り、ハーレーの雑貨をさっそく飾っていましたよ。(笑)

 

 

 

 

実際に家が建って

 

現場が実家から歩いてすぐだったので毎日のように見に来ていましたが、

特に感動したのは建前です。

基礎から1日でかたちになったことに驚きました。

そこからは気持ちが上がるばかりで、実際に土間に薪ストーブが入ったり

少しずつかたちになっていくのが楽しくてしょうがなくて。

team Watsの皆さんが家づくりや外構工事をやってくれたのですが、

予算を抑える為に珪藻土を自分で壁に塗らせてもらったり、かなり融通を利かせてもらいました。

それに、皆さんとっても気のいい方ばかりで終始笑顔が絶えない家づくりでした。

友人を招いてホームパーティーをすることが多いので、これからこの家に皆を呼ぶのが楽しみです。

石原さん、スタッフSさんはじめteam Watsの皆さんには本当に感謝です!

 

Wats建築デザイン:愛知県豊田市大林町16-3-1 0565-27-5753

Contact